経営理念・代表挨拶
経営理念
我々は社会貢献を前提とした経営を実施し、 社にあっては社員の社会的人間的成長に全霊を注ぎ、 お客様にあっては感動するサービス提供に注力し、 決してぶれることのない信念を貫き通し、 社会、地域住民、お客様、全社員とその家族を 幸せにできる企業を目指す。
代表挨拶

初めまして。株式会社ブライターデイズ代表取締役の宮岡でございます。
弊社ホームページをご覧いただき、誠に有難うございます。
また、私どもはお客様やご支援してくださる皆さまのお陰で、お給料をいただき、ご飯を食べさせて頂いております。皆さまのご支援ご厚情に心より深く感謝申し上げます。

弊社は2015年6月に開業した新しい会社ですが、前身の㈱アズバードにて私が立ち上げ担当した事業を継承したので、実質的には約12年の実績がございます。

弊社の事業内容は、一般労働者派遣事業、アウトソーシング(請負)事業、有料職業紹介事業、経営コンサルティング、その他各種コンサルティング、個人コンサルティング・コーチング、研修・セミナーの企画・運営、講師、ビジネス書の商業出版です。
*詳細は「会社概要」欄をご参照ください。

人材サービス部門においては、営業エリアを岩国・大竹地区に特化しております。
その理由は3つございます。1つ目は、お客様に感動するサービスを提供しスピード対応するためです。2つ目は、従業員に対して、きめの細かいフォローとコミュニケーションを図るためです。3つ目は、従業員の教育や研修に注力できるからです。

私は「派遣業界の当たり前」に挑戦をしております。
派遣は、給料が低い、昇給がない、賞与も慰労金もない、教育がない、福利厚生がない、暇になったら切られる、派遣元の担当者の対応が悪いし誰かも分からない・・・というのが当たり前になっています。
非常に困難な道ですが、私はこれらの当たり前を覆していきます。
そして、地元企業ならではの、従業員を大切にする温かい会社を作っていきます。
それが私の人材サービス事業に対する信念だからです。

弊社は人材サービス部門において売上シェア地域№1ですが、2020年12月には売上シェア100%を目標としております。

ビジネス書の商業出版においては、私自身が著者として進めているところです。
1冊目は「派遣の活用マニュアル」の予定で、経営戦略として派遣やアウトソーシング、職業紹介を活用して、会社を成長させるための経営本です。
読者対象者は、経営者や幹部、管理職、部下や後輩を持つ上司、先輩です。

ビジネス書や自己啓発本の商業出版は、ライフワークとして続けていきたいと思っております。
本という媒体は全国に流通するので、より多くの方にお読み頂くことができます。
そして、多くの方が私の著書から何かを学び、自己成長や幸福、会社の発展に繋がれば、著者としてこんなに嬉しいことはありません。

コンサルティング部門」と「研修・セミナー部門」は、専用ページをご参照ください。

弊社は以上の事業を通して会社を成長させ、お客様と社会に貢献して参ります。
そして、従業員を幸せにできる会社に成長させます。

今後とも皆さまのより一層のご愛顧を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

平成28年10月21日

ブライターデイズ 代表 宮岡 誠
プロフィール

宮岡 誠(みやおか まこと)
株式会社ブライターデイズ 代表取締役
経営コンサルタント、人材戦略コンサルタント、研修・セミナー講師

1973年、山口県岩国市生まれ。麻里布小学校・中学校、岩国高校を卒業。
野球とサッカーに熱中し、すごく元気な学生時代を過ごす。
大学時代は社会福祉学部で人間学を学び、今後の人生に多大な影響を及ぼす。

大学卒業後、当時国内最大手の総合人材サービス企業に入社。
営業、各現場、各部門の責任者、グループ企業30社以上の統括責任者を歴任。
約4,000名の部下を持ち、会社の発展と若者の育成に全精力を注ぐ。
在籍中、自らが講師を務める社内研修を500回以上開催。表彰歴多数。

人材サービス業界で働くなかで、若者の将来と業界の現状、仕組みを考えるほど、
「おれならもっと従業員を大切にする会社にしたい!」という熱い想いが膨れ上がり、
その理想像を自らが形にするべく、2004年、父が経営するゴルフ事業の会社、
㈱アズバードに入社。
新規事業として、人材派遣事業、アウトソーシング事業、経営コンサルティング事業、
研修・セミナー事業を立ち上げ、1年後には売上20倍を達成。

2008年のリーマンショック以降は、人材サービス部門で多くの休業が発生し、
倒産の危機を迎えるが、全従業員の直向きな努力で危機的状況を乗り越える。
その間、休業補償は全従業員、給与の100%を補償し、現在に至るまで解雇はゼロである。

2015年6月、ブライターデイズを立ち上げ、㈱アズバードから事業の一部を継承。
設立6ヶ月で、地元の岩国・大竹地区、売上シェアNo.1を実現。
2016年10月、法人化を果す。
2020年12月、売上シェア100%を目指している。

2016年1月、派遣社員の将来を真剣に考え、15名を自社の正社員に登用する。
今後も優秀な派遣社員を積極的に自社や派遣先の正社員に登用していく予定。

派遣は、昇給がない、賞与も慰労金もない、福利厚生がない、暇になったら切られる、
人なのにモノ扱いされる、上司のフォローがないなど、マイナスのイメージを世間に持たれている。
そんな「派遣業界の常識」に挑戦状を叩きつけ、いかに派遣社員の待遇を良くし、
育成し、大切にするかを追求している。

これまで一流大学卒の優秀な若者から、中卒で暴走族をしていた不良、引きこもり、
ニートまで5,000人以上の若者を採用し、育成してきた経験がある。

経営コンサルティングにおいては、企業、各法人、個人事業者に対して多数の実績があり、
事業拡大や経営改善に大きく貢献している。

研修・セミナー開催は、トータルで1,600回以上の実績を持つ。

お客様と派遣社員に対して、スピーディーできめの細かいサービス、フォローをするために、
営業範囲を岩国・大竹地区に絞り、地域密着型の経営をしている。

多くの若者と幅広いネットワークを持ち、若者の考え方や心理、文化に造詣が深く、
自身のライフワークとして、若者に対して無料で個人コンサルティングを行っている。
日々、多くの若者から相談が寄せられている。

すごく明るく前向きな性格で、「みんなでハッピーになろう!」「人生を楽しもう!」
という基本理念のもと、日々朝から深夜まで走り回っている。

社名「ブライターデイズ」に込められた想い

ブライターデイズは英語でこのように書きます。

Brighter(より輝いた)
Days(それぞれの未来)

意味は「より輝いた未来」です。
幸せのかたちは人それぞれですが、ブライターデイズに関わるすべての方に、
自分の求める幸せを掴んでほしい、より輝く未来を手に入れてほしいという想いで、
ブライターデイズと名付けました。

私が大好きな1985年のチャリティソング「We Are The World」のサビの歌詞、「a brighter day」という歌詞にインスパイアされました。
We Are The World
We are the children
We are the one who make a brighter day
So let's start giving

僕らは仲間
僕らは地球の子供たち
明るい未来を作るのは僕らの使命
さあ、今こそ与えることを始めよう

特に昨今の世の中、より輝く未来を手に入れるには、正しい選択と行動が必要です。
私は、お客様や従業員をはじめ、弊社に関わるすべての方が成長・発展し、
より輝く未来を手に入れる一助になりたいと思っております。

だからこそ、ブライターデイズは、与えることを始めます。続けていきます。